ハーフリンガル

ハーフリンガル

歯並びを目立たない方法で治療したいけれど、裏側矯正は費用が高く、発音への影響が気になる。
そんな方には「ハーフリンガル」がおすすめです。

ハーフリンガルとは

上顎は裏側に、下顎は表側にブラケットを固定する方法をハーフリンガルといいます。半分だけ裏側矯正なので、このような名前が付けられています。
最も目立ちやすい上顎の歯列を裏側にすることで、審美性に優れた歯列矯正を実現できます。

ハーフリンガルとは

梅田キュア矯正歯科のハーフリンガルの特徴

ハーフリンガルの実績が豊富

梅田キュア矯正歯科は、16年間にわたる裏側矯正およびハーフリンガルの豊富な経験を持つ渋谷矯正歯科グループの歯科医院です。
総院長である東海林貴大の監修のもと、当院の歯科医師は定期的な研修や症例会に参加し、最新の治療技術を学び、質の高いハーフリンガルを提供しております。

ハーフリンガルの実績が豊富

デジタル技術を活用した快適でリスクの少ない矯正治療

梅田キュア矯正歯科では、光学スキャニングを用いた快適な裏側矯正を提供しています。
歯科用CTを活用して見えない部分や骨格を把握し、リスクを最小限に抑えた治療を行います。
全てのデータはデジタル管理され、治療のシミュレーションにより「なりたい歯並び」を共有することができます。

デジタル技術を活用した快適でリスクの少ない矯正治療

シミュレーションによる治療の可視化

梅田キュア矯正歯科では、ハーフリンガルにおいてもスキャニングカメラを用いた光学印象を行い、治療のシミュレーションを画面上でご覧いただけます。
これにより、患者様と歯科医師が共通のイメージを持って治療を進めることができます。

シミュレーションによる治療の可視化

短期間での治療完了を目指します

梅田キュア矯正歯科では、綿密に練られた治療計画に基づき、無駄のない治療進行を目指します。
歯が動きやすい「ローフォース・ローフリクション」を実現させるセルフライゲーションブラケットを使用し、理想的な力加減で歯を動かすことができます。
このブラケットは、ブラケットとワイヤーの摩擦が少なく、生体に負担をかけない最適な力がかかるように設計されています。

短期間での治療完了を目指します

ハーフリンガルのメリット

矯正装置が見えない

上顎の矯正装置は、まったく見えないといっても過言ではありません。
下顎の歯列はもともと目立ちにくいため、表側に固定しても審美性の低下は最小限に抑えられます。

矯正装置が見えない

矯正の費用を安く抑えられる

特別な矯正法を適応するのは上顎だけなので、完全な裏側矯正よりも費用が安くなります。

矯正の費用を安く抑えられる

食事でのストレスが少ない

上顎のリンガルブラケットは、食べ物が詰まっても周りに気づかれにくいです。
唾液による自浄作用も働きやすいことから、食事中のストレスが軽減されます。

食事でのストレスが少ない

歯の表側に傷がつきにくい

ハーフリンガルでは、矯正装置を外す時に生じる「エナメルクラック」が起こりにくいです。
これは歯の裏側のエナメル質が表側よりも厚くて傷つきにくいからです。

歯の表側に傷がつきにくい

出っ歯を治しやすい

リンガルブラケットは、強力な固定源となる奥歯に引き込む形で前歯を動かすことができます。
これは出っ歯の治療に有利な特性といえます。

出っ歯を治しやすい

スポーツへの影響が少ない

上顎のリンガルブラケットは、唇の粘膜を刺激することがないため、ボディコンタクトのあるスポーツへの影響を最小限に抑えられます。

スポーツへの影響が少ない

ハーフリンガルのデメリット

歯の見え方によっては向いていない

口を開けた時に、下の歯が目立つ人にハーフリンガルは向いていません。
そうしたケースではフルリンガルを選択した方が良いです。

歯の見え方によっては向いていない

噛み合わせによっては適用できない

患者様の噛み合わせの状態によっては、リンガルブラケットを装着できない場合があります。
そうしたケースには、表側矯正やマウスピース矯正が推奨されます。

噛み合わせによっては適用できない

装着直後は痛みや違和感がある

ハーフリンガルの装置を装着した直後は、痛みや違和感、異物感が気になる場合がありますが、数日から数週間で慣れる人がほとんどです。

装着直後は痛みや違和感がある

装置が外れることがある

極端に硬い食べ物や粘着性の高い食べ物を口にすると、装置が外れる場合があります。
そのため食生活には、ある程度の配慮が必要となります。

装置が外れることがある

ハーフリンガルの適応症

ハーフリンガルは、次のような歯列不正・不正咬合に適応できます。

上顎前突(出っ歯)

上の歯が異常に前方に突出している状態です。
見た目の問題や、噛み合わせの悪さが気になる場合に、ハーフリンガルで上の歯を適切な位置に戻すことが可能です。

上顎前突(出っ歯)

下顎前突(受け口)

通常は上の歯が下の歯よりも前にあるべきですが、その逆の状態を指します。
ハーフリンガルを使って、下の歯を後方に、または上の歯を前方に移動させることで改善できます。

下顎前突(受け口)

叢生(乱ぐい歯)

歯が密集して重なり合っている状態です。
この状態は、歯磨きが難しく虫歯や歯周病になりやすいため、ハーフリンガルでスペースを確保し、きれいな歯並びに整えることができます。

叢生(乱ぐい歯)

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある状態です。
これをハーフリンガルで歯を動かし、隙間を閉じて見た目を改善します。

空隙歯列(すきっ歯)

上下顎前突

上下の歯がともに前方に突出している状態です。
この場合も、ハーフリンガルにより歯を後方に移動させることで、バランスの取れた噛み合わせを作ることができます。

上下顎前突

開咬(オープンバイト)

上下の歯が接触せず、空間がある状態です。
これにより、食べ物を噛み切るのが難しいことがあります。
ハーフリンガルで歯を適切に動かし、正常な咬合を回復させます。

開咬(オープンバイト)

過蓋咬合(ディープバイト)

上の歯が下の歯を深く覆い隠す状態です。
下の前歯が見えなくなっていることもあります。
これにより、歯や顎にストレスがかかることがあるためハーフリンガルで噛み合わせの深さを調整し、より機能的な咬合にします。

過蓋咬合(ディープバイト)

交叉咬合

上下の歯が正しく重ならず、一部が逆に噛みあっている状態です。
これをハーフリンガルで修正し、歯が正しく咬合するようにします。

交叉咬合

ハーフリンガルはこんな方に向いています

  • 1. 目立ちにくい矯正法で、費用はできるだけ抑えたい
  • 2. マウスピース矯正は自己管理する自信がない
  • 3. 口を開けた時に上の前歯が見えやすい

実際にハーフリンガルが向いているかどうかは精密検査を行ってみなければわかりませんので、関心のある方はお気軽に梅田キュア矯正歯科までご相談ください。

ハーフリンガル 治療期間・通院回数について

治療期間 2年〜2年半程度
※治療期間には個人差があります。
保定期間 治療期間+半年程度
通院回数 17〜43回
※通院回数には個人差があります。
通院頻度 3〜6週間毎
※通院頻度には個人差があります。

ハーフリンガルのよくある質問

下の装置は見えませんか?
下の装置は、標準的な表側矯正と同じであることから、まったく見えないということはありません。
患者様の歯並びの状態によっては、ブラケットやワイヤーが目立ってしまうこともあるでしょう。
ただ、一般的には下の歯よりも上の歯の方が良く見えるため、ハーフリンガルでも目立ちにくい矯正治療を実現することは可能です。
ハーフリンガルはしゃべりにくくないですか?
表側矯正と比較した場合は、ややしゃべりにくいと感じるかもしれません。
一方、裏側矯正(フルリンガル)と比較した場合は、下の装置が歯列の表側に設置されるため、舌の動きを制限しにくくなります。
その結果、発音や滑舌への影響を最小限に抑えられます。
ハーフリンガルでも歯並びをきれいに治せますか?
治せます。
基本的には、フルリンガルや表側矯正と同じ治療結果が期待できますのでご安心ください。
梅田キュア矯正歯科ではこれまでたくさんの患者様の歯並びをハーフリンガルできれいに治した経験があります。
ハーフリンガルだと治療期間が長くなりませんか?
上顎を裏側矯正、下顎を表側矯正で治療するハーフリンガルは、高度な知識や技術を要する方法ですが、それを選択したからといって治療期間が極端に長くなるということはありません。
基本的には、裏側矯正と同等の期間で歯並びの治療を完了できます。
0120-067-600 24時間受付
WEB予約