マウスピース型矯正

矯正専門医院ならではの マウスピース型矯正治療(デザイン矯正)

マウスピース型矯正はワイヤー矯正も扱う矯正専門医院で

幅広い症例に対応できるようになってきたマウスピース型矯正ですが、治療後の効果や満足のいく歯並びを手にいれるかどうかは歯科医師の治療計画が大いに関わってきます。

梅田キュア矯正歯科のマウスピース型矯正治療

梅田キュア矯正歯科
マウスピース型矯正(デザイン矯正)の特徴

ワイヤーとブラケットを用いた裏側矯正を基礎に置く梅田キュア矯正歯科では、精密検査に基づいた綿密な治療計画で、咬合や口元の見た目にも配慮した治療を行います。

セファロ画像で 口元のバランスを重視

口元の美しさは歯並びだけではありません。頭と顎の骨格のバランスを分析。「前から」だけでなく「横から」も美しい口元へ。

セファロ画像で 口元のバランスを重視

噛み合わせ・機能を 考慮した計画

歯や顎の機能を無視した治療はありえません。気軽なイメージのマウスピース型矯正であっても咬合までしっかり確認します。

噛み合わせ・機能を 考慮した計画

口腔内スキャナで 歯型の「撮影」

患者様に負担をかけない、スティックタイプのカメラで歯型を3Dスキャン。精度の高いマウスピースを作るための必須設備です。

口腔内スキャナで 歯型の「撮影」

マウスピース型矯正以外の 様々なプラン

症状によっては別の治療の方が早くキレイに矯正できる場合が。逆に軽微な症状には部分矯正を。梅田キュア矯正歯科はどのような場合にも対応出来る環境です。

マウスピース型矯正以外の 様々なプラン

マウスピース型矯正 (インビザライン)とは

マウスピース型矯正(インビザライン)とは、米アライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる治療システムです。全世界のさまざまな臨床データをもとにした治療計画をデジタル上で作成でき、再現性の精度が大変高いことが特徴です。

マウスピース型矯正 (インビザライン)とは

マウスピース型矯正での歯の動き方

マウスピース型矯正での歯の動き方

マウスピース型矯正(デザイン矯正)はマウスピースを付け替えることで歯を動かしていきます。マウスピースの枚数は症状に応じて決まり、各ステップで形が異なります。

1週目

1枚目/35枚中
矯正スタート
歯がデコボコとしているので、マウスピースも初めはデコボコが目立ちます。

1週目

5ヶ月

12枚目/35枚中
歯並びに変化
半年ほど経つと前から2番目の歯が少しずつ動いてきます。

5ヶ月

10ヶ月

24枚目/35枚中
徐々に歯が整列
歯が歯列のアーチ上に並ぶとともに、前歯の列が少しずつ下がってきます。

10ヶ月

15ヶ月

35枚目/35枚中
矯正完了!
歯の隙間もなくなり、歯列が整列しました。

15ヶ月

マウスピース型矯正
(デザイン矯正)のメリット

透明で目立たない

マウスピースは薄く透明なプラスチック。治療中であっても人目を気にせず生活できます。

透明で目立たない

矯正中の痛みが小さい

マウスピース(デザイン矯正)は10日〜2週間ごとに交換。その間の歯の移動はごくわずかで、痛みも小さい。

矯正中の痛みが小さい

自分で取り外し

食事の際や歯みがき時には取り外してください。食べ物の選択や装置に食べ物が詰まるストレスとは無縁です。

自分で取り外し

通院頻度が少ない

マウスピースの交換は患者様でできるので、通院は1〜3ヶ月に1回でOK。

通院頻度が少ない

マウスピース型矯正
(デザイン矯正)の注意点

メリットが多いマウスピース型矯正(デザイン矯正)にも注意点があります。

  • 1日20時間以上の装着が必要
  • マウスピースはしっかり装着
  • 対応が難しい症状も

デジタル技術を駆使した
マウスピース治療の流れ

マウスピース型矯正(インビザライン)はデジタル設備との相性が良いシステム。
矯正前から矯正後の変化のデジタルシミュレーションを患者様にモニターでご覧いただけます。

カウンセリング

患者様の希望や症状のヒアリング、矯正治療や費用の不安・疑問点のご説明など患者様に合わせて進めます。

カウンセリング

精密検査・診断(約45分)

治療を具体的にお考えの患者様は精密検査へ進みます。
3DCTスキャン、写真撮影[口腔内・顔面]、3D光学カメラによる歯型取得など後日診断結果をお伝えします。歯並びやかみ合わせを知る重要な過程です。

精密検査・診断(約45分)

マウスピース製作

治療に進んでいただくことが決まりましたら、マウスピース製作を行います。
・各段階のマウスピースは専用のアプリケーション上で設計。
・顎の骨格や歯の動きを考慮した微調整が治療の質を左右します。
・メーカーに任せきりではなく、矯正治療をよく理解したドクターが各段階をチェック。

マウスピース製作

治療開始

マウスピースが完成したら、いよいよ治療開始です。
・治療はマウスピースを順番に付け替えていくだけ。
・1ヶ月〜3ヶ月に一度の頻度(症状によって異なります)で通院。クリニックでは経過の確認・歯のメンテナンスを行っていきます。

治療開始

治療完了(保定期間へ)

おつかれさまです!最後のマウスピースを外せば治療完了です。 ・1〜2年はリテーナー(保定装置=保定用のマウスピース)を付けて歯列を安定させていきます。 ・保定期間中は4回程度のご来院をお勧めしております。

※こちらで紹介しているマウスピース型矯正装置(デザイン矯正)は、完成物薬機法の対象外となるため、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。

治療完了(保定期間へ)

マウスピース型矯正の
よくある質問

マウスピース型矯正は痛くないのですか。
マウスピース型矯正(デザイン矯正)は一度に動かす距離が短いため、歯に無理な力がかからず、患者様によってはほとんど痛みを感じない方もいらっしゃるくらいです。ワイヤー矯正は付けたてやワイヤーの調整後に痛みを感じることが多いのですが、マウスピース型矯正も新しいマウスピースに交換した際に少し窮屈な感じや違和感、痛みを感じます。また、ワイヤー矯正では、食事の際にも装置がついたままなので、歯を噛み合わせる際に痛みを感じることがありますが、マウスピースの場合には食事の時に取り外していただくため、痛みを感じることが少ないのは事実です。
今お話ししたのは歯が動く際の痛みですが、矯正中には口内炎や口内の傷といった痛みも伴います。 ただ、マウスピースは滑らかなプラスティックなので、お口の中を傷つけることもなく、その意味でも痛みが少ないと言えます。
マウスピース装着時は喋り辛くなりませんか?
やはり装着したては、少し違和感があります。とはいえ、マウスピースは薄さ0.5mm程度のものですので、次第にお口の中にあることに慣れてきて、話す際の違和感は無くなります。
マウスピースを装着したまま食事をしてもいいのですか?
食事のときはマウスピースを外してください

マウスピースを装着したまま食事をしてしまうとマウスピースが変形したり、割れたりしてしまう原因となります。また、マウスピースを外さずに食事をするとマウスピースへの着色・食べ物の付着のおそれがあり、衛生面からもおすすめできません。食事の際には必ずマウスピースをはずしてください。
そして食事の後には必ず歯みがきを行い、お口の中を清潔にしてからマウスピースの装着を行うようにしてください。
食事の際に「マウスピースを外す > 歯磨きをする > マウスピースを装着する」という作業を行うのは少し面倒かもしれませんが、マウスピース型矯正の場合、食事や歯みがきはいつもどおりにすることができますので、治療の一環だと思って習慣にしていきましょう。

マウスピース装着中に避けたい飲み物

マウスピース(デザイン矯正)を装着したままで飲んでもいいのは「水」です。以下の飲み物は避けるようにしてください。

  1. お茶・コーヒー・ワイン = 着色の原因に
  2. 清涼飲料水・甘い飲み物 = 虫歯の原因に
  3. 熱い飲み物 = マウスピース変形のおそれ

マウスピースを装着したままの水分補給は問題ありませんが、甘い飲み物や清涼飲料水、糖類が多く含まれる種類のお酒などは虫歯の原因になることがあります。特にお茶・ワイン・コーヒーはインビザラインの着色をまねきますので、これらの飲み物を飲みたい時にはマウスピースを外してください。熱い飲み物もインビザラインの変形の原因になるので外します。

スポーツドリンクには注意

気をつけたいのはスポーツドリンクです。スポーツドリンクに含まれる糖分やクエン酸やアミノ酸などの酸は、長時間口の中にとどまると虫歯の原因となります。普段であれば、唾液の洗浄効果や中和効果が多少なりとも歯を守ってくれますが、マウスピース装着中は歯周辺の唾液の循環が弱くなりますので、その状態でのスポーツドリンクは虫歯のリスクを高めます。スポーツ中もできるだけお水を取るようにするのが理想ですが、やむをえない場合にはご相談ください。

スポーツドリンクには注意
やむをえない場合には「甘いもの」を避けて

とはいえ、日々の生活シーンでお茶やコーヒーを避けられない場合もあります。いきなりマウスピースを外す、というのも外ではなかなかできませんよね。その際には、「なるべく冷たいもの・冷めたもの」、「甘くないもの(ブラックコーヒーやストレートティー)」を飲むようにしてください。 患者様の中にはマウスピースの交換間際であれば「着色しても惜しくない!」とお茶やコーヒーを飲まれている方もいらっしゃるので、それほど神経質になる必要はありません。ただ、虫歯のリスクとなる「甘いもの」はやはり避けることをおすすめします。

メリハリをつけて飲食を楽しんでください
こうしてみると制限が多いように感じますが、マウスピースは取り外してケアができる点が大きな特徴です。取り外している時には飲食に制限はありません。マウスピースを装着することで、間食をしなくなった、ダラダラ食べがなくなったという声もよく聞かれます。ぜひ歯を健康に保ちながら、日々のマウスピース生活を楽しんでください。
マウスピースを装着したまま運動しても問題ありませんか?
マウスピース型矯正の特徴として、スポーツやワークアウトなどのアクティビティ時にも装着ができることがあります。 ボディコンタクトやボールを扱うスポーツであっても、マウスピースの場合はお口の中を傷つける心配が少なく、患者様の歯列に合った作りなので、スポーツ用のマウスピースの代用としても機能します。
ただ、あまりに強いかみしめがある場合にはマウスピースの破損につながるので、お気をつけください。
就寝時もマウスピースをつける必要がありますか?
はい、おやすみの間もマウスピースを装着してください。
マウスピースは1日20時間以上の装着が必要となります。食事の際を除き、できるだけ長く装着することで歯の動きが早まります。
型を取ってからマウスピースができるまではどれくらいの時間がかかりますか?
この期間をできるだけ早くしたいと考えていますが、現在マウスピース型矯正(インビザライン)は全てマウスピースをメーカーに発注する形で製造を行っています。ISO取得の海外の専門工場にて製造のうえクリニックに届くのは型取り後およそ1ヶ月〜2ヶ月となります。
マウスピースが口の中で破損してしまうことはありますか?
普段の生活では稀ですが、強い力が加わるとマウスピースが壊れてしまうことがあります。
マウスピースをしたまま、何かを強くかみしめてしまうと、破損の恐れがあるので、食事の際はもちろん外していただきます。そのほか、スポーツを行う際なども、マウスピースを装着したままで問題はございませんが、あまりにも強くかみしめる、という方はご相談ください。
噛み合わせが悪いのはマウスピース型矯正で治療できませんか?
基本的にはマウスピース型矯正でもかみ合わせの治療は可能です。
以前のマウスピース型矯正ですと、ごく軽い症状にしか対応していませんでしたが、当院の採用しているマウスピース型矯正(インビザライン)は歯のコントロールに優れ、さまざまな不正咬合に対応できるようになってきました。
セラミックの被せ物があってもマウスピースの矯正はできますか?
可能です。ただし歯にかかる力を補助するアタッチメントというプラスチックの突起を接着することが困難なため、十分に動かない可能性があります。
ワイヤー矯正の方が柔軟に対応できる可能性がありますが、ワイヤー矯正のための装置も脱離しやすく、また部位によっては接着操作のためにセラミックを削る必要があるといった可能性もあります。
いずれの場合も矯正である程度の動きが可能であるものの、しっかりとした仕上がりを目指すのであれば矯正前に接着剤のつきやすい仮の歯に変更するか、矯正後に並んだ歯の噛み合わせに合わせてセラミックの歯自体を変更するなど、作り変えることをお勧めします。
金属アレルギーが心配です。マウスピースに金属は含まれてますか?
インビザラインやデザイン矯正のマウスピースには金属は含まれていません。ポリウレタン製の薄く比較的柔らかい素材を用いているので、金属アレルギーの方にも問題なく使用いただけます。
部分的な矯正でもマウスピース型矯正の方が良いのでしょうか?
部分的な矯正はマルチブラケットによる治療・マウスピースによる治療のどちらでも可能です。ワイヤーとブラケットを用いた矯正方法(マルチブラケット矯正)ですと、部分矯正の場合には前歯の数本にブラケットをつけるのみ。裏側に付ける場合はほとんど目立ちません。
マウスピース型矯正では、部分矯正であっても、歯列全体を覆うようなマウスピースになりますが、透明でめだたず取り外しも可能です。
部分的な矯正治療であれば、裏側矯正もマウスピース型矯正も治療面ではさほど違いはありません。治療費用も同等ですので、患者様の希望、ライフスタイルなどに合わせてお選びください。
マウスピースのお手入れは特別な器具や洗浄剤が必要ですか?
基本的に、毎日お水かぬるま湯で洗うお手入れで問題ありません。気になる方は、マウスピース専用の洗浄剤がございますので、そちらをお使いください。
口が大きくないので、マウスピースを取り外すときに苦しくならないか不安です。
マウスピースの着脱は慣れないうちは多少難しいかもしれません。お口が小さめ、とのことですが、マウスピースを斜めにしながら入れることで入れやすくなるかと思います。マウスピースは患者様の歯並びに合わせたオーダーメイドのものですので、お口の中に入ってからは大きさの問題はそれほどありません。
マウスピースを紛失してしまいました。作り直しは可能でしょうか?
マウスピースを破損・紛失した際は作り直しが可能です。何番目のマウスピースを無くしてしまったかお伝えください。患者様の治療データは保管されていますので、新たに型取りを行うことなく、作り直しが可能です。
ただ、新しいマウスピースが到着するまでに多少時間がかかります。新しいマウスピースの完成を待つ間は、一つ前のマウスピースを装着いただき、その時点までの歯並びが保たれるようにします。
マウスピースの交換はおよそ10日に1回のペースなので、次の交換までの日数・歯の動きを見て、問題がなさそうであれば次のマウスピースに進む場合もあります。
子供の矯正でもマウスピース型矯正(インビザライン)は使用できますか
マウスピース型矯正(インビザライン)には子供の矯正に特化した小児用マウスピース型矯正(インビザラインティーン)というシステムが存在します。 大人のマウスピース型矯正と同様マウスピースにより歯を動かしていく点は同様ですが、 成長期であるお子さまの歯について最大限に考慮した矯正システム・装置です。 お父さま・お母さまがお子さまの装着時間を管理できるようなインジゲーターも付いており、 安心してご使用いただけます。
0120-067-600 24時間受付
WEB予約