部分矯正

気になる前歯だけの部分矯正

治療中も部分矯正なら目立ちません。
マウスピース・裏側矯正で前歯の歯並びをきれいに。

目立たない裏側矯正(裏側タイプ・リンガル矯正)やマウスピース型矯正の中でも、前歯の矯正に特化した矯正方法が「部分矯正」です。
前歯が1本だけ傾いていたり、歯と歯の間に隙間があったり、歯並びが少し歪んでいるような症状でお悩みではありませんか?
部分矯正は歯全体にブラケットを付けず、限られた範囲内で治療を行います。歯を動かす「距離」も少ないので治療期間が短く、費用負担も少なく口元の印象を変える治療を行うことができます。

部分矯正

八重歯・すきっ歯の改善で大きな変化も

目立つ前歯の改善で
笑顔に自信

目立つ前歯の改善で笑顔に自信

歯磨きがしやすく
白く健康な歯をキープ

歯磨きがしやすく白く健康な歯をキープ

口の開け閉めがラク
滑舌や口呼吸にも効果

口の開け閉めがラク滑舌や口呼吸にも効果

梅田キュア矯正歯科
前歯の「部分矯正」特徴

前歯だけを動かします
移動量が少ない=矯正期間の負担が少ない

部分矯正は「症状が軽く」で「比較的動きやすい」前歯部分となるので、歯の移動は少なくなります。そのため長い治療期間の負担が無く、キレイな歯並びを早く実現します。(※治療期間は症状によって異なります。詳細はお尋ねください。)

移動量が少ない=矯正期間の負担が少ない

治療費用の負担も少ない

矯正装置がつく範囲(※裏側矯正の場合)、歯のコントロール範囲が少なく治療期間も短いため、治療費の設定は全体矯正よりも低く設定しています。詳しくは治療費用をご覧ください。

治療費用の負担も少ない

部分矯正でも目立たない矯正治療

部分矯正には裏側矯正・マウスピース型矯正のどちらでも対応しています。どちらも治療中は目立ちません。どちらの治療方法が良いか悩んでいる方へは、症状やご希望を踏まえた上でクリニックがご提案いたします。

部分矯正でも目立たない矯正治療

どんな治療ができる?
部分矯正で治療が可能な症状

部分矯正で対応が可能なのは比較的軽い症状です。「歯並びは悪い方ではないけれど、前歯の1、2本がねじれてしまっている」、「歯の隙間が空いている」といった症状には部分矯正が有効です。

部分矯正で治療できる歯並び

歯並びは症状の程度により治療方法・治療期間が変化します。部分矯正が可能かどうかはドクターが判断いたします。

八重歯・歯のガタガタ

症状歯列が少し乱れガタガタしている(軽度の乱杭歯・叢生)、八重歯が目立っている歯並び。 原因歯の大きさ、顎の小ささが原因となり、歯が顎の列からはみ出てしまっている。 治療方法歯のエナメル質を少しだけ削るディスキングを行い、隙間を作って前歯を整列させる。

叢生・八重歯

すきっ歯(空隙歯列)

症状いわゆる「すきっ歯」で歯と歯の隙間が開いている症状。 原因歯の小ささ、顎の大きさ、上唇舌帯の長さなど。 治療方法セラミックで治療する方法もありますが、矯正治療では隙間を埋めるように歯を動かしていきます。隙間がなくなることで、整った印象に変わります。食べ物が詰まるなど、食事の際の悩みなども解決できます。

空隙歯列(すきっ歯)

歯のねじれ

症状前歯の1本が少しねじれた方向を向いていたり、前歯2本が少しずつねじれている。ねじれの部分には汚れが溜まりやすく、虫歯などの原因になる場合も。 原因歯が大きい、歯列のアーチが小さいため歯が並びきれないため生じる。 治療方法ディスキングなどで歯を整列させるための余地を作り、歯のねじれと位置を治していきます。

歯のねじれ

軽度の出っ歯

症状上顎全体ではなく、歯が少し前へ出ている。前歯が前方に傾いている。 原因歯列アーチの小ささから歯が並びきらない。口呼吸や舌の癖で前歯が押し出される。 治療方法歯の傾きを少しづつ治し、歯を整列させます。精密検査でシミュレーションを行い無駄のない動きで歯を矯正します。

軽度の出っ歯

こんな希望がある場合、部分矯正でお応えできるかもしれません

部分矯正では歯を動かす量が小さく、矯正装置をつけている期間がそれほど長くはないので、精神的・身体的負担もより軽く感じます。

とにかく前歯の見た目を整えたい

人前に出ることが多い方などは、前歯の印象を改善したいとお話し下さいます。少しの乱れでも、整った時の印象と比べると歯並びの大切を実感できます。

あまりお金をかけたくない

梅田キュア矯正歯科の部分矯正は両顎475,200円(税込)となります。
詳しくは料金ページをご覧ください。
ただ、かみ合わせに問題がある場合など、患者様のご希望だけで部分矯正を受けることはできません。患者様の健康とご希望を考慮したご提案をいたします。

はやく矯正治療を終わらせたい

留学や結婚式など、イベントを控えた方には部分矯正を希望される方が多くいらっしゃいます。

部分矯正の治療方法

部分矯正と一口に言ってもいろいろな手段があります。裏側矯正(リンガル矯正)は前歯部分を引き込む動きを得意としていますし、マウスピース型矯正は矯正中のストレスを軽減する特徴を持っています。

  1. 裏側矯正(リンガル矯正)
    歯の裏側にブラケットとワイヤーをつけます。しっかりと歯を動かしていきたい型におすすめです。詳しくは裏側矯正のページをご覧ください。
  2. マウスピース型矯正
    透明なマウスピース(デザイン矯正)を用いた矯正方法です。患者様で取り外しができ、治療期間中のストレスを減らしてくれる矯正方法です。詳しくはマウスピース型矯正のページをご覧ください。

「部分矯正」の治療費用について

矯正治療は通常、自由診療のため保険は適用されません。
梅田キュア矯正歯科では各種お支払い方法や返金制度などをご用意し、患者様が不安を感じないような料金体制をとっております。また、大人の矯正治療にも医療控除が適用される場合があります。詳しくは費用ページをご覧ください。

デンタルローン利用時のお支払い例
治療内容 治療費 月々のお支払い額
実質年率3.9%
120回払いの場合
部分矯正 432,000円
(税込475,200円)
4,788円(税込) / 月
部分矯正治療費用詳細
内容 費用
相談
まずはご相談からお気軽にどうぞ。
無料
精密検査・診断料 35,000円
(税込38,500円)
部分矯正
裏側矯正 432,000円〜
(税込475,200円〜)
表側矯正 432,000円〜
(税込475,200円〜)

トータル治療費に含まれないもの
① 精密検査費用:35,000円(税込38,500円)
② 治療終了後のメンテナンス料:5,000円(税込5,500円)
③ 一般歯科治療(虫歯等)
④ 抜歯:1本10,000円(税込11,000円)~20,000円(税込22,000円)
※上記料金には治療開始から終了まですべての料金が含まれています
※治療費は治療期間と同様に個人差があります まずはお気軽にご相談ください。

部分矯正に関する
よくある質問

矯正治療期間はどのくらいですか?
治療期間は患者様の歯並びや歯の動きによっても異なります。通常の矯正治療では、歯を動かしている期間は平均的に1年~2年半程度*です。
その後、歯を安定させ、後戻りを防ぐための保定期間に入ります(矯正治療にかかった期間と同程度)。*治療期間は症状によって異なります。 当院では、より早く矯正治療を終わらせたい、イベントに間に合わせたいという患者様のご希望に応え、矯正期間を早めるためのオプションもご用意しております。(詳しくは「矯正治療期間について」をご覧ください。)
裏側矯正は表側矯正と比べて治療期間が長い?
治療期間は原則的に変わりません。
 裏側矯正装置は歯の裏側に装着するため、ひとつひとつの装置がオーダメイドです。また、歯の裏側はドクターにとって作業がしづらく設置自体も難しいため、時間がかかるイメージがありました。
確かに従来は「矯正治療がスタートするまでの期間」が多少長くはありましたが、技工過程へのデジタル技術の導入や、矯正装置の設置方法の工夫(インダイレクトボンディング)により、現在では期間の差はなくなりました。
むしろ裏側矯正は奥歯を支点として歯を引き込んでいくことが得意ですので、前歯部分は比較的早い段階で揃っていく特徴があります。
 また、難易度の高い症状であっても歯科矯正用アンカースクリューによる治療を組み合わせることによって、一般的な症状と同程度の期間で矯正を行うことも可能です。
部分矯正は全体矯正より早く終わりますか?
部分矯正は前歯部分の歯並びを改善する、比較的軽度の症状に対応した矯正治療です。 そのため、歯を動かす量も少なく、結果的に短い期間で治療することができます。 しかし、症状によっては部分矯正で対応できないものも多いため、部分矯正をご希望の方はよくドクターにご相談ください。
詳しくは部分矯正についてをご覧ください。
約1年後に結婚式を予定していますが、今から矯正を始めても間に合いますか?

挙式が決まってこちらをご覧になっているみなさま、おめでとうございます。就職や結婚などイベントを前に矯正を決心される方も多くいらっしゃいます。治療期間については、詳しく検査を行わないと正確なことはお伝えできませんが、軽度の歯並びの乱れでしたら間に合う可能性があります。
ただ、矯正装置の製作にも時間が必要ですので、ご相談後、すぐに治療が始まるわけではございません。

目的の日までに「目立つところ」を治す
裏側矯正ですと、治療の初期で前歯部分がそろってくるので、治療期間途中でも目立つ部分の歯並びをきれいにできますし、歯の裏側に装置がつくため、挙式中も目立ちません。
目的のイベントまで、時間が限られている場合には、矯正治療を完了させるのではなく、少しでも歯並びを改善させる、といった考え方で治療に臨む方もいらっしゃいます。
また、式の直前まで裏側矯正を行い、マウスピースに切り替えた後、式を迎え、その後残りの治療を行っていくという方法もご相談次第で可能です。
結婚式前の矯正治療でお悩みの方は、まずはカウンセリングでご相談ください。医師が目的にむけた作戦を一緒に考えてまいります。
短い期間で目立たない矯正治療はできますか?
期間に関わらず、目立たない装置が使えます

梅田キュア矯正歯科では装置が目立ちにくいタイプの「裏側矯正」「マウスピース型矯正」を中心に扱っております。矯正期間に関わらず、こちらの装置を使用することができます。
歯を動かしやすく、難しい症状にも対応できるのは、ワイヤーとブラケットを用いた裏側矯正ですが、マウスピース型矯正は患者様ご自身で取り外しが可能で、通院頻度が少ないという特徴があります。

矯正治療と治療期間

矯正治療は歯に圧力をかけることで、歯を支える骨に変化を促し、歯を根っこから移動させていきます。この骨(歯槽骨)の変化には一定の時間が必要なため、矯正治療にはどうしても時間がかかります。
前歯のちょっとしたガタガタや、ねじれ、すきっ歯等の症状は、歯を動かす距離、範囲が少ないため、治療期間が少ない傾向にありますが、かみ合わせの改善が必要な歯並びの場合には 2 年以上かかる場合もございます。前歯だけの矯正治療であれば、治療プランの「部分矯正」が適用可能です。
治療期間については、症状に左右されるものですので、治療期間は短い方が良い、という考えのもと梅田キュア矯正歯科では生体への働きかけを行うオプション治療や、歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療に取り組んでいます。なぜなら、矯正治療中は虫歯などのリスクが高まりますし、装置の付け替えや装置をつけたままの生活は患者様の負担となるからです。

精密検査・診断を経て、ご自身の治療期間がわかります。
梅田キュア矯正歯科では、できるだけ患者様のご希望に沿って治療を進めていきたいと考えています。カウンセリングでは、症例等を用いておおよその期間のお話しができる場合もございますが、よりはっきりとした治療期間をお知りになりたい方は、精密検査をご検討ください。
治療前にどのくらい治療費がかかるか教えていただけますか?
治療前に全治療費をお伝えします
梅田キュア矯正歯科では、治療にかかる費用が事前にはっきりと分かる「トータルフィー制度(全額表示制度)」をとっております。
毎回の処置費用がかかる場合には、治療の延長や通院回数によっては毎回の費用がかさんで行き、予定よりもかなり費用がかかってしまう、ということもあります。
梅田キュア矯正歯科では、費用ページに掲載した治療費に「矯正装置費用、毎回の処置費用、保定装置代」など全てが含まれています。そのため、通院のたびに処置費をお支払いいただく必要はございませんし、治療開始の時点でかかる費用が明確にわかります。
「トータルフィー」という視点で治療費をご覧いただくと、良心的な価格設定であることをご理解いただけると思います。
すきっ歯を治せますか?

主に前歯部分の歯と歯の間があいている「すきっ歯」も矯正治療できれいに治すことが可能です。

すきっ歯とは?

歯と歯の間に隙間ができてしまっている歯並びのことを、俗にすきっ歯と呼びます。専門的には空隙歯列(くうげきしれつ)と呼び、見た目の問題の他、歯の間に食べ物がつまりやすく虫歯や歯周病のリスクが高いことや、空気が漏れて発音が不明瞭になるなどのデメリットがあります。また、特に前歯2本の間に隙間が空いてしまうことを正中離開(せいちゅうりかい)と呼びます。

すきっ歯の治療
すきっ歯と呼ばれる歯並びにはいくつか原因があります。歯並びにはそれほど問題がないものの、歯が顎に対して小さい、歯自体が変形しているといった症状では、セラミックを用いた審美治療で治る場合があります。一方、歯並びが乱れており、歯と歯の隙間が空いている場合、「過剰歯」と呼ばれ生えきっていない余分な歯が歯並びを阻害している場合には矯正治療が効果的です。
また、前歯2本の間が空いてしまう「正中離開」といった歯並びも矯正治療で比較的容易に改善することができます。
まずは検査を行なった上で、原因を見極め、治療を行なっていきます。
セラミックの差し歯があっても矯正できますか?

(患者様からいただいたご質問)
上下とも前歯・左右隣り4本歯並びが悪いです。今回は下顎の方を治したいのです。左右はセラミック差し歯です。右前歯が特に突出しており、ここを早期に綺麗にしたいと思うのですが部分矯正はできるのでしょうか。
またローンにした場合全ての金融機関取扱可能なのでしょうか。(S.T 様)

初めまして、梅田キュア矯正歯科の東海林 貴大(しょうじ たかひろ)と申します。
前歯の歯並びが悪いとのことで苦労をお察しします。

セラミックの差し歯があっても矯正治療はできます

セラミックの歯もあるとのことですが矯正治療で歯並びをきれいにすることができます。矯正治療で歯を動かす際に重要なのは、歯の周辺組織(歯根膜や骨)が健康かどうかという点です。矯正治療では歯の根元の部分を動かしていきますので、歯の上部が差し歯(クラウン)でも問題ありません。歯の周辺組織が健康であれば、天然歯と同様にセラミックの歯へもブラケットを接着し、ワイヤーによって歯を動かしていきます。
ただし、セラミックの歯は天然歯にくらべると接着したブラケットが取れやすい傾向にあります。万が一取れやすいなど問題が起こる場合には仮歯を利用するなどして対処可能ですのでご安心ください。

部分矯正は咬み合わせを考慮して

部分矯正も、もちろん可能ですが、かみ合わせによってはお勧めできないこともあります。また、今お使いのセラミックの差し歯も、矯正治療後の咬み合わせによっては、作り直しが必要な場合もございます。相談の際にご相談いただき、診察時に詳しい判断をさせていただきたいと思います。

デンタルローンの引き落とし先金融機関
また、ローンについてですが当院では各種デンタルローンを導入しております。
引き落としはネット銀行の一部と農協、労働金庫でなければ大抵の金融機関を利用することができます。
矯正治療についてはたくさんの不安点があると思いますが、 きれいな歯並びになれば自然に笑顔になりそして、ご自分の歯を鏡でみることが楽しくなります。ぜひ、前向きにご検討ください。
上前歯のみの矯正は可能ですか? また、歯を抜いて差し歯にするのはリスクが高いですか?

(患者様からいただいたご質問)
上の前歯2本の片方だけが手前にズレています。歯自体が一つ一つ大きめなので、育つ間に入るスペースがなくなり、押されてしまったのではないかと思います。 この部分(上の前歯)だけを矯正するということは可能でしょうか。また最低額はおいくらで出来ますか。 矯正ではなく、歯を抜いて差し歯にするという方法はやはりリスクは高いでしょうか。教えてください。(H.Y 様)

前歯2本が手前にズレてしまったとのことですので、押し戻すように治療することは可能です。
しかし、場合によっては下の歯や隣の歯も治療しないとかみ合わせを作ることができない場合もあります。料金は動かさなくてはいけない歯の本数によって変わってきます。前歯数本の移動で足りる場合には部分矯正が適用されますが、症状によっては全顎矯正扱いとなります。
また、歯を抜いてセラミックなどの差し歯にする場合、短期的にはきれいになるのですが、歯茎の後退やセラミックの劣化など経年変化によって再治療が必要になることがほとんどです。また、歯を削る・神経を取ることによって歯の寿命が短くなるので、芸能人のようにすぐに結果をださなくてはいけない場合以外はおすすめできません。
健康な歯をお持ちで、矯正治療によって歯並びを改善できる場合には、やはり矯正治療をおすすめします。
上の歯だけの裏側矯正は可能でしょうか?

(患者様からいただいたご質問)
前歯2本の隣に片方は細い歯、もう片方は細くないのですがとがった歯で隙間があります。 最初はさし歯を考えていたのですがやはり自分の歯を削るのに抵抗があり、裏側矯正に興味を持ちました。全体的に隙間もあるので、私のような場合でも裏側矯正で見た目がよくなるのでしょうか?また、下の歯は矯正をせず上の歯だけ裏側矯正をすることも可能でしょうか? その場合の費用も教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

前歯2本が細い歯で隙間があるということですが、裏側矯正でスペースを調整し、歯の大きさを整えることによりきれいな歯並びにすることができます。また、上だけでの矯正治療は上下のかみ合わせの状態によって難しい場合もありますが基本的には可能です。その際の費用は上下行った場合の半額となりますが、詳しい治療費は実際のお口の状態を見た後にならないとご提示するのが難しいので、目安とお考えください。期間は1年間位とお考えください。
0120-067-600 24時間受付
WEB予約