ブログ

マウスピース矯正の 通院内容や通院頻度


チェック

歯列矯正治療は毎月通院するイメージがあると思います。ワイヤー矯正は1ヶ月に1回調整が必要です。しかしマウスピース矯正の場合は大体2~3ヶ月に1回の通院で治療を進める事ができます。今回はマウスピース矯正の通院内容や通院頻度を詳しく説明していきましょう。


マウスピース矯正の通院は何をする?

進行状況の確認

マウスピース矯正中の通院では進行度合いを確認し、次回来院までのマウスピースを受けとります。計画通りの動きが見られない場合は正確に動かすために、補助装置を使用することもあります。

歯のクリーニング

マウスピースは着脱式なので歯磨きは通常通り行えますが、普段マウスピース装着時は唾液が循環せず、虫歯や歯周病になりやすい環境です。定期的にお掃除してもらうことが
虫歯や歯周病予防に繋がります。

虫歯チェック

矯正治療中に虫歯を発見した場合虫歯治療することによって装置が合わなくなったり噛み合わせが変化することもあり、計画的に矯正治療が進まなくなる可能性があります。

装置の作り直しで矯正期間が長引くなど、進行に影響が出るので虫歯がないか確認し、早期発見できれば矯正治療に影響がでることなく進めれます。

マウスピース矯正の通院頻度


マウスピース矯正は歯科医院で採った歯型やレントゲン写真などの資料を元に、製造会社が歯の動きをシミュレーションして、オーダーメイドのマウスピースを制作します。
通院時に毎回歯の型どりをし、その都度マウスピースを作成する歯医者もあります。
一方で治療完成までのマウスピースを一括で作成する歯医者もあり治療方針によって異なりますが、1回で数枚のマウスピースを患者さんに渡します。そのため、医師に決められた期間を守り、マウスピースを新しく変える作業を患者さん自身が行うので通院の頻度が少なく2~3ヶ月に1回の通院になります。
しかし矯正治療開始したては歯に力がかかり患者さんの負担が大きいので、お口の中をしっかりと確認し、何かあればフォローが必要な時期になります。

初期段階

・何か問題はないか
・マウスピースを上手く装着か確認
・歯の動きはどうか
など細かくチェックする必要があるため1ヶ月に1回の通院頻度です。

中期段階

歯科医師判断で間隔を空けても問題なければ、2~3ヶ月に1回の通院になります。お口の中の状況によって微調整や噛み合わせの調整が必要な場合は、間隔が短くなったり
します。一人ひとり進み具合は異なるので歯科医師の指示に従いましよう。治療期間中は1日20時間以上マウスピースを装着し、予め数枚のマウスピースが渡されるので、約2週間毎に新しいマウスピースに交換し最終目標の歯並びに向けて歯を移動させていきます。

後期段階(保定期間)

歯列矯正が完了しても、歯が元の位置に戻ろうとしてしまうので後戻り防止を防ぐ保定期間が必要になってきます。特に初めの1年は元に戻ろうとする力が強いので、定着させるために保定装置(リテーナー)を装着します。保定期間は半年~1年に1回の通院頻度になるでしょう。

保定期間は矯正治療に要した期間+半年が一般的です。矯正治療が終了し達成感・開放感を感じると思いますが、保定期間に保定装置をきちんと装着することで、手に入れた
理想の歯並びが維持できます。

まとめ

マウスピース矯正は他の矯正方法に比べて少ない通院頻度で進めれるのでお忙しい方にもお勧めです。しかし通院の間隔が長いと受診日を忘れてしまいやすいですよね。長期間かかる矯正治療だからこそしっかり自分で管理し1日でも早く矯正装置を外して綺麗な歯並びで楽しみましょう。

0120-067-600 24時間受付
WEB予約