ブログ

受け口の見分け方って?


親子

下の前歯が出ていて気になったことはありませんか。上の前歯より下の前歯が出ている場合には受け口の可能性があります。
受け口はさまざまなデメリットもある歯並びなので、早めに治療することが望ましいです。そこで今回は受け口の見分け方や原因についてお話します。


受け口とは?

かみ合わせた時、通常は上の前歯が前になりますが、受け口は下の前歯が前に出ている状態です。前歯で噛みきりにくいため、「咀嚼がしにくい」「サ行の発音がしにくい」「口が閉じにくいため乾燥しやすい」「顎関節症のリスクが高まる」などデメリットの多い歯並びです。
下顎が出たように見えることもあり、見た目もコンプレックスになりやすいため、早い時期に改善することをおすすめします。

受け口の見分け方のチェックポイント

・下の歯や下の顎が前に出ているか?
・滑舌が悪い
・前歯がきちんとかみ合わせられない
・親や親せきに受け口の人がいる
これらのチェックポイントが当てはまっている場合には受け口の可能性があります。受け口は早期の治療がよい歯並びなので、気になるポイントがある場合には、早めに相談
しましょう。

受け口の原因

親からの遺伝


顔が似ているように、骨格や歯並びも遺伝しやすい傾向になります。親が受け口だから必ず受け口になるわけではありませんが、両親のどちらかが受け口の場合にはお子さんも受け口の可能性があります。

日常的なくせ

日常的に行っている歯並びに悪いくせが、受け口の原因になっている場合があります。舌を前に出すくせや唇を吸うくせ、頬杖、顎を前に出すくせなど習慣的に行っていると、
受け口になりやすいです。特にお子さんは顎の骨がやわらかいため、日常的なくせが歯並びに悪影響を及ぼします。くせは長くなるほど止めにくいため、できるだけ早めに改善しましょう。

下の顎の過成長

上の顎に比べて下の顎が成長し過ぎると、受け口の原因になる場合があります。下の顎の過成長は、舌の位置が関係していると考えられています。舌の正しい位置は上の顎の出ている部分についていることが正しいのですが、舌が下がっていると舌で下の歯を押しやすく、下の顎の過成長につながってしまうことがあります。

受け口を放置していると

 

受け口は見た目が特徴的なので、審美性を気にする方が多いですが、健康面にもさまざまなデメリットがあります。前歯で噛みきりにくく、咀嚼しづらいので消化が悪い傾向になります。そのほかには、かみ合わせが悪いため、顎に負担がかかりやすく顎関節症のリスクが高いほか顎が変形する可能性もあります。

そのため、受け口は将来的に歯を失いやすい歯並びといえます。いつまでも大切な歯を守るためも、受け口を改善しましょう。

受け口の治療

歯並びだけが前に出ており、顎自体は前に出ていない場合には矯正治療で改善が見込めます。重度の受け口で、顎も出ている場合には、外科手術が必要になる場合もあり、顎の骨を切除して顎の位置を変えるケースもあります。目安になりますが、上下の前歯の先を噛み合わせることが難しい場合に適応になることが多いです。

まとめ

受け口は、見た目はもちろん健康にも悪影響がある歯並びです。放置すると、かみ合わせの不具合や滑舌が悪さ、咀嚼しにくさなどがあり、顎に負担もかかりやすく早期に治療した方がよい歯並びです。当院では、受け口の治療も対応しておりますので、受け口でお困りの方はぜひ1度ご相談ください。

0120-067-600 24時間受付
WEB予約