ブログ

歯ぎしりをしていると歯並びが悪くなるの


詰め物

歯ぎしりは噛み合わせた状態で歯を左右に動かす習慣のことを指します。しかし、現在ではその定義が広がり、上下の歯でカチカチ噛む動作や噛みしめも含めて歯ぎしりと呼ばれることがあります。
無意識に行われるため気づかない方が多く、歯ぎしりが長期間続くと歯や顎関節などにさまざまな悪影響を及ぼします。そこで今回は「歯ぎしりをしていると歯並びが悪くなるのか?」について解説します。


歯ぎしりが長期間続くと、歯並びに影響を及ぼす可能性があります。なぜなら、歯ぎしりによる力は、矯正治療で歯を動かす力よりも大きくなるからです。そのため、長期間にわたって歯ぎしりをしていると、歯の位置や噛み合わせが変わる可能性があります。また、歯ぎしりによる摩擦や圧力は、歯がすり減って高さが不揃いになったり、歯の根元が欠けたりすることも。さらに、肩こりや頭痛、顎関節の痛みを引き起こす可能性もあります。

歯ぎしりの原因

ストレス

歯ぎしりはストレスを解消しようとする身体反応の一つと言われています。そのため、仕事や学校、日常生活などでストレスが溜まると、体に現れる形として歯ぎしりが起こりやすくなります。

悪い噛み合わせ

歯並びが悪かったり詰め物や被せ物が高すぎたりすると、噛み合わせのバランスが悪くなります。それにより、顎の筋肉が緊張し、歯ぎしりを引き起こすことがあります。

アルコールの摂取や喫煙

アルコールや喫煙は神経の興奮や筋肉の緊張を引き起こすため、歯ぎしりの原因になることもあります。

歯ぎしりの対処法

ストレスの軽減

ストレスを抱えている場合は、リラックスする方法を見つけることが大切です。たとえば、音楽を聴く、お風呂に入る、散歩するなど、自分に合ったストレス発散法を取り入れましょう。

ナイトガードの装着

ナイトガードとは、就寝時に装着するマウスピースのことです。装着することで、歯ぎしりによる歯や顎関節にかかる負担を軽減できます。

生活習慣の改善

歯ぎしりの原因となる生活習慣に注意しましょう。たとえば、禁煙したりアルコールの摂取を制限したりするのも有効です。また、十分な睡眠時間を取るなど、規則正しい生活を心がけるのも良いでしょう。

詰め物や被せ物の調整・歯列矯正

噛み合わせの問題で歯ぎしりが生じている場合、噛み合わせを改善すると歯ぎしりの解消が期待できます。

詰め物や被せ物が高い場合は、歯科医院で噛み合わせの調整が可能です。歯並びが悪く噛み合わせのバランスが崩れている場合は、歯列矯正で歯並びを整えると歯ぎしりの頻度や強さを軽減できる可能性があります。

まとめ

歯ぎしりをすると歯並びが悪くなることがあります。また、歯がすり減って形が変わったり欠けたりなど、さまざまな問題を引き起こす可能性もあります。歯ぎしりに悩んでいる場合は、早めに歯科医師に相談することをおすすめします。悪い歯並びによって歯ぎしりが生じている場合は、歯列矯正を受けることで軽減できる可能性があります。

0120-067-600 24時間受付
WEB予約