ブログ

マウスピース矯正中に煙草をすってもいいの?


禁煙

「喫煙者でもマウスピース矯正はできる?」と疑問に感じたことはありませんか?
結論から申し上げると、煙草をお吸いになる方でも矯正治療は受けられます。しかし、見た目や歯の動きに支障をきたすケースが少なくありません。吸い方には工夫が必要です。マウスピース矯正中の喫煙が治療にどう影響するのかについて説明していきます。喫煙者の方で矯正治療を検討のかたは参考にしてみてください!


矯正中は装置をつけながら煙草を吸ってはいけない


喫煙者だからといって矯正治療ができないわけではありませんが、吸うときは装置を外したり、吸ったあとに口をゆすぐなど工夫が必要です。それらを守らない喫煙はトラブルが多いため、おすすめはできません。

マウスピース矯正中の煙草がおすすめできない理由

装置が徐々に黄ばんでくる

煙草に含まれるタールの影響で、透明の装置が徐々に黄ばんできます。装置が黄ばむといくら歯が白くても装着中は歯が黄色く見えてしまい、印象がよくありません。煙草を吸うときは装置を外したり、吸ったあとに口をゆすぐ、歯を磨くなど工夫をしましょう。

歯周病のリスクが上がる

煙草を吸うと歯ぐきの血行が悪くなり、酸素や栄養がうまく行き届かなくなります。歯周病菌に対する抵抗力が落ちることで歯周病のリスクが高まるため、注意しなければいけません。歯周病が進行して歯が動くと、きれいになった歯並びが再び崩れる恐れがあります。

口臭が強くなる・着色がつく

煙草の臭いは口臭の原因です。離れていても臭いますが、吸っている本人は気づきにくく、無意識に周囲に迷惑をかけているケースも少なくありません。
煙草を吸うとヤニが歯の表面につくことから、清潔感を保つには非喫煙者よりも頻繁にお手入れやクリーニングが必要です。

歯の動きが悪くなる

煙草を吸って血行が悪くなると、顎骨の働きにも悪い影響を与えます。非喫煙者よりも歯の動きが悪くなるため、治療期間が予定よりも長くなりやすいのが特徴です。スムーズに矯正治療をすすめたい方には、禁煙をおすすめします。

ワイヤー矯正なら煙草を吸っても問題ないのか

ワイヤー矯正は装置が黄ばむ心配はありませんが、歯周病のリスクが上がる、口臭が強くなる、着色がつく、歯の動きが悪くなるといった点は同じです。
治療方法にかかわらず禁煙するほうが、満足のいく結果につながりやすいでしょう。矯正治療後は審美性をさらに高めたいという気持ちが強くなり、ホワイトニングを行う方も
少なくありません。ホワイトニングでは矯正治療以上に煙草を我慢していただく必要があるため、できるだけ早い段階で禁煙することをおすすめします。

まとめ

煙草を控えてスムーズで快適なマウスピース矯正をマウスピース矯正中に煙草を吸うと、装置が黄ばんだり、歯周病が進行して計画通りに歯が動かなくなったりなど、トラブルが起こりやすくなります。絶対に禁煙しなければいけないというわけではありませんが、仕上がりの良さを重視する場合は治療中だけでも煙草は控えたほうがいいでしょう。
口臭や着色に悩まされないためにも、禁煙にチャレンジしてみてください。

0120-067-600 24時間受付
WEB予約